「清水港線探検マップ」配布のご案内

「清水南高校郷土研究部・清水鉄道遺産保存会」では、清水港線を紹介するパンフレットを制作しました。
清水南高校の「2008年 南陵祭」から公式に配布を開始しました。
内容は、清水港線の歴史紹介と、現在も残る廃線跡の紹介をしています。

現在は下記の場所で、無料配布をしています。

2008年10月に第2版が2000部完成しました。

2010年2月に第3版2500部が完成しました。

第3版以降の制作は現状では予定しておりません。

第1版で情報の誤りがあった部分を修正しました。
修正しましたのは、可動橋についての記事で、「全国に三つしか無かった」と記載しましたが、
正しくは、それ以上の昇開橋があったことが判明したためその部分を「全国的に珍しかった」と変更いたしました。
間違った情報を出して申し訳ありません。

第3版での修正点をお知らせします
裏のフェルケール博物館、清水鉄道遺産保存会の紹介部分の一番上に、制作をしました、
静岡県立清水南高等学校の紹介を掲載しました。
表紙の清水港線廃止日表記を1984年4月1日から3月31日に変更いたしました。
4月1日付け廃止という観点からこれまで4月1日と記載しておりましたが、列車が走ったのは3月31日までのためこのようにしました。

※清水港線跡の清水区宮加三付近で保存されておりました車両は現在はありませんのでご注意ください。

< 配 布 場 所 >
・清水区観光センター
・フェルケール博物館
・清水生涯学習交流館(清水公民館)
・清水折戸生涯交流館(折戸公民館)
TRTC(天竜レトロトレインクラブ)のキハ20車内(メンバーが活動に参加しているため、置かせて頂いています)

●現在のところ、この5箇所のみです。今後、このほかにも配布場所を拡大する予定です。
 また、会員が直接配布しています。


TOPへ戻る